気になる異性を惹きつけるために内面と外見の自分磨きに徹する

結婚相談所を利用したことがあります。私に応対してくださった方は60代はじめぐらいの落ち着いた方でした。なんとバツイチだと言うのです。

私はビックリして、ブライダル相談室てものは結婚が幸せでよかったから人にも幸せにたなるお手伝いをしたいという人が勤めているものと思っていました。

それで、結婚に失敗したバツイチ。なんのアドバイスできるの?と思ったのですが、よく聞いて見ると、彼女は一度ダメ男に引っ掛かり結婚に失敗して離婚、その後今度は間違えずにステキな男性を見極め、再婚して今はとても幸せに暮らしている、とのことでした。結婚にまつわる不幸と幸せの両方を経験した彼女のアドバイスは、とても重みがありました。

1,外見に気を使う

当たり前のことではありますが、やはりだらしない服装や身なりは、人に間違った印象を与えかねないと教えていただきました。人はまず外見でその人を判断します。洋服の選び方、着こなし方で、その人がどんな人間かある程度判断します。もし、スゴク気が合ったであろう男性が近付いてきたにもかかわらず服装で拒否されて中身まで知り合えなかったとしたら、それはとても残念なことです。

2,会話の技術を磨く

会話上手になるよう教えられました。会話上手は聞き上手、といいますが、相手に質問を幾つか投げかけて、話してもらうようにしました。合コンや社内で、初対面の男性に会いますが、そのような時に会話が弾むよう、質問を前もって考えておくように、ということでした。これはいい方法です。会話がプツッと切れてしまったら、それ以上進展はありませんから。

3,自分の性格を吟味する

人格面で欠陥があると、やはり男性は遠のいてしまいます。良い面ももちろんもっているのに、そこまで知り合うことなく終わってしまうかもしれません。

ただ自分の性格は自分では分析しにくいので、親しい友人や家族に率直に聞いて見ると良い、ということでした。自分の欠点や短所と向き合うのは痛みの伴うことですが、そうして良かったと思います。

自己中なところやワガママなところがあるのに気付き、改善することができました。もっと魅力的な人になれるのであれば人格陶冶は取り組む価値があります。

まとめ

外見を整えること、そして更に重要な、内面を磨くことの大切さを教えていただきました。外見にはもちろん清潔さを保つことも含まれます。不潔な女性に男性はげんなりですから。

言葉遣いもちろん含まれます。キレイな、丁寧な言葉で話すこと、ユックリ話すことです。出会いという面で、なかなか出会う機会がない場合には、自分の日程やスケジュールを少し替えてみるように、ということでした。

別の課に進んで異動してみたり、生活に変化をもたらしてみるのも、新しい出会いを見つける方法の1つですね。新しく習い事をしてみたり、ジムなど通ってみたり、職場以外で出会う場所を求めてみる方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です