子供が欲しいと思っている男性は、結婚相談所で年下女性をゲットしましょう。

第二次ベビーブームで産まれた方々が、現在40代となり、今後、さらなる出生率の低下が懸念されている日本でありますが、やはり子供が欲しいと考えている人は多いようです。

婚期を逃したと思っている30代後半から40代男性も多いようですが、まだまだ諦める必要はありません。

その30代後半から40代にかけてこそ、若い男子には無い魅力もあるのです。そんな魅力を自分自身で把握して、この魅力を生かして婚活をしていけば、きっと可愛い奥様が出来るでしょう。

若い男子には無い魅力

30代後半から40代にかけての男性は、若い男子には無い魅力があります。

それは、包容力と経済力です。社会人になってから、十数年間、様々な経験をされて、社会で生きぬく力を身につけた男性だからこそ女性を守り抜く包容力があるのです。

この包容力は、単に優しいだけとは違います。時には相手に厳しいアドバイスを与えて、時には一緒に喜びを分かち合う事をコントロール出来る男性こそが女性が望む包容力ではないでしょうか。

女性は、本能的に生涯、安心で平穏に過ごす事が出来る男を選びます。現代社会において、男性としての力が成熟してくるのは30代後半から40代だと思います。

この頃に、仕事をしていても周囲の人から「ちょうど脂の乗っている時期だから頑張ってよ」などと期待されたりするのではないでしょうか。

また、女性の心を射止めるには経済力も重要な要素です。

金が全てでは有りませんが、結婚してから、お二人がお墓に入るまで本当に多額のお金がかかります。結婚式、出産、自宅の購入、子供の教育資金、老後の資金などまとまったお金が必要なシーンは多々あるのです。

女性は、本能的にこれらのシーンを乗り越える事が出来る経済力のある男性に惹かれる傾向があります。自分達が安心して暮らせる経済力もある意味で包容力と言えるかもしれません。

子供が欲しいならば年下女性を狙い撃ち

子供が欲しいと思っているのならば、年下女性を狙い撃ちにするのが良いと思います。20代後半くらいから女性の多くは、結婚や出産の事を真剣に考え始めて、包容力と生活力のたる男性を探し始めます。

しかし同年代の男性にこれらの力は無く、結婚相談所に登録をする女性も数多く存在するのです。子育てにはパワーが必要です。

若いお母さんのパワーと30代後半から40代の男性の包容力と生活力はベストコンビだと思います。このコンビの魅力は、きっと女性側も感じていると思います。

また、女性には子供を産む適齢期があります。

20代後半くらいであれば、子供を産む適齢期の真っ最中ですので、リスクが少なく出産をする事が出来るのです。

まとめ

このような事から、結婚を諦めていた30代後半から40代の男性にも、まだまだチャンスがあるのです。幸せな結婚生活を手に入れて、より仕事もバリバリこなして欲しいものです。

若い男子と同じ土俵で勝負をしてはいけません。年代ごとに違った魅力というものがありますので、それを十分に研究する事が素敵な恋愛の第一歩です。

かといって、極端にオジサン臭いファッションはダメです。清潔感のある大人っぽい服装で、ご自分の魅力を最大限に発揮されて素敵なパートナーを見つけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です