仕事の質を高めるための効率化手法はどうすればよいか

期間ごとの目標を立てる

期間ごとに目標を立てることで、やるべきことが明確化になってきます。
1年の目標を元日に立てる人も多いと思います。

しかし、それだけだと期間が長すぎるために、いつのまにか目標を忘れてしまい、結局年末には達成できなくなってしまうこともあります。
確実に目標を実行していくためには、短いスパンでの目標設定も必要です。

1ヶ月、1週間、そして毎日の目標を決めることにより、今日やるべきことが明確になります。
目の前の目標を一つずつクリアしていくことで、月日や年数がたってくると、それは大きな達成度に変わっていきます。
目標は仕事を効率よく行うための方法の一つです。

受動的な場合と、能動的に仕事を行う場合では、作業効率が大きく変わっていきます。
仕事はやらされた感が強いと、いくらスキマ時間があったとしても、その間はついついさぼろうとしてしまいます。

仕事の作業効率を高めるためには、自分なりの工夫が必要です。
従業員一人一人がそうできるような環境を作っていくことが大切です。

リラックスできる物をいつも身近に置いておく

仕事をきちんと遂行していくためには、ある程度の緊張感が必要です。
しかし、気張りすぎて空回りしないように気をつけなければいけません。

仕事を効率的に進めていくためにも、適度に息抜きをすることが必要です。
休憩時間以外はわざわざ席を外すわけにも行きませんし、それでは時間のむだになってしまうこともあります。

いつも仕事をしているデスクなどに、自分がリラックスできる物を置いておくと良いでしょう。
写真や小物などがいつも身近にあれば、すぐにリラックスすることができます。

そうすることで、気持ちが落ち着いてくれば、また質の良い仕事を続けて行くことができるでしょう。

スキマ時間を活用する

仕事をしていると、意外とスキマ時間はあるものです。
このスキマ時間を有効に活用することで、時間短縮に繋がります。

スキマ時間にできる単調な作業などをあらかじめ用意しておけば、偶然時間が空いた時でも、すぐに作業に取り掛かることができます。

わざわざまとまった時間を単調作業に充てるのももったいない話です。
急ぎの仕事でなければ、空いた時間を上手く活用して、片付けてしまいたいものです。

スキマ時間を利用して、簡単なストレッチを行うのも良い気分転換になります。
1日の作業時間の中で、意外とスキマ時間は多いものです。

この時間が過ぎるのを、ただボーっとしているのでは、時間が非常にもったいないものです。
作業効率化を図るためにも、スキマ時間を上手く活用していきたいものです。

可変できる時間を利用し、不確定要素を真っ先に決める作業効率化の手法

作業の優先順位にも臨機応変に可変できる遊びの時間を入れる

作業の中には、納期が遅いもの、早い物が混在して存在しがちで、何かに没頭している最中に限って他の仕事が依頼される場合もしばしばあります。
でもそんな用事をこなしていると、いつの間にか全然仕事がはかどっていないと言う場合も多くありがちです。
そんな毎日が続く中まず毎朝優先順位を決めるかたも多いと思いますが、必ず実行できる分を100%で詰め込まず、完了確実タスクを7割がたで計画すると作業が効果的に終わらせられるのです。
要は急用が入る部分をあらかじめ開けておく事で、その作業に対処出来たり、その後の予定に影響しない為時間の遊びを作る余裕が、結果として余裕のある作業効率化を生み出してくれるのです。
計画にはあらかじめ余裕が無ければ破綻するのは目に見えて当然の為、目的に応じた可変できる時間を隙間隙間に入れる重要性が作業効率化には必要なのです。

作業工数の枝葉が一番遠い案件順に終わらせ作業効率化

作業によっては優先順位だけつけてその後の作業工数について考えている人は少ないように思います。
そんな中、この案件はどうアプローチすべきで、何が必要なのかを同時に、キーワード設定できている人はすでに作業効率化の名人とも言えるのではないでしょうか。
作業効率化は、複数の細かい案件を揃えて初めてようやく本題に取り掛かれるいわば小説家の様な情報集めが肝心となってきます。
ですが、優先順位だけではその案件をクリアする隠れたアイテムを見落としがちになり、その一つの必要な情報が他人による判断待ちだった場合を想定すると、まずこの判断の結果を真っ先に確保する事を優先しなければ、いつまでたっても歯抜けのパズルとなっているのです。
そうなれば当然、いつまでたっても終わらない仕事は鮮度が落ちていき停滞しがちになるので、作業工数の一番大外にある案件をまず内側に向って潰していく必要性が出てくると言えるのです。

パートナーとの付き合いこそ作業効率化のキーワード。他人の予定によって決まる案件程最初に対処してしまう。

作業には、簡単な物から、頭をひねったり、とにかくメンドクサイ案件だったり、他人の予定によって自分の進捗が決まる場合の作業もあります。
それを優先順位化する場合、時間のかかる案件を先に回しがちの方も多くいらっしゃいますが、この場合、他人の予定によって決まる案件を最優先に気にしながら、工数の少ない案件を先に処理する方法が後々の作業効率化につながってきます。
自分だけの進捗完了で終わる業務は自分主体で完了出来る案件でも、他人が関わると必ず協力が必要となる為、お互いの時間を共に合わせるという、必要のない作業の手間が発生してきます。
しかし相手にも仕事がある場合が多く、複雑な処理や作業工数が多い場合は細かい細分化を行った方が効率化につながるのですが、相手との連携が密な状態で無ければ、事実上機能しない効率化のため注意が必要です。
そのためには普段からの付き合いによる、理解を深める必要があると言えるのです。

30代後半の方々にとっての結婚相談所のメリット

30代後半の女性は、婚活で苦戦している場合があります。自分なりに色々と頑張るものの、なかなか相手が見つからないケースもあるからです。それで頼みの綱として、結婚相談所に登録する女性の方々も多く見られます。現に、それが正解というケースも多々あるのです。

なぜ30代後半で登録を考えるか

婚活が成功するか否かは、40代に差しかかるか否かが1つのポイントになります。30代までは何とかなっても、40代になるとハードルは大きく上がる傾向があるからです。
それゆえに30代後半の女性は、やはり不安感を覚える傾向があります。それで相談所に登録する事を検討するケースも、珍しくないです。

相談所に登録している方々の年代層

ところで女性によっては、ちょっと不安になっている事もあります。人によっては、相談所は若い年代層の方々が登録するというイメージを持っているからです。現に20代後半の女性は、相談所に登録するケースも珍しくありません。
ですが、その点は特に心配は無用です。というのも相談所に登録をしている方々の年齢層は、30代後半が極めて多いのが実情だからです。確かに20代後半の方々も、そこに登録している事はあります。しかし実際に登録中の方々のデータを見る限りでは、やはり30代後半が多いのが実情と言えます。

婚活が長引く理由とは

それで冒頭でも触れた通り、人によっては婚活が長引いている訳です。色々と手段を試すものの、なかなか結婚できずに困っているケースは、確かに多く見られます。
そういう時は、たいていアプローチ方法が誤っている訳です。もっと効率的な方法があるのに、それに気がつかずに婚活を進めている方々も目立ちます。

アドバイスを受けられる魅力

それで結婚相談所には、アドバイスに関するメリットがあるのです。どうすれば婚活をスムーズに進められるか、客観的なアドバイスを受ける事ができます。もちろん専門知識が多い方々が、色々とノウハウを教えてくれますから、それがきっかけで成婚に至るケースも多々あります。現に30代後半の方々が相談所に登録して、結婚している事例も多いです。

まとめ

要するに30代後半の方々としては、やはり結婚相談所に登録してみる方が良い訳です。特に自分なりの方法でなかなか上手くいかない方々にとっては、大いに登録が推奨されるでしょう。やはりアドバイスを受けられるメリットは、とても大きいからです。

愛嬌のある笑顔と可愛らしい服装でモテモテのポッチャリさんになる

ポッチャリ女子だからと言ってモテないと諦める必要ありません。

ポッチャリ女子だからこそモテる秘訣があるのです。

ポッチャリさんは、マイナスばかりではないのです。

自分自身の魅力をしっかり認識して、ポッチャリでもモテモテラインを送っていきましょう。

包容力のあるイメージ

ポッチャリ女子は、なんとなく包容力のあるイメージです。

なんでも受け入れてくれるような温かみすら感じます。

そのため、男子の会話をよく聞き、相談に乗ってあげたり、些細な事でも気を使ってあげる事を意識して男子に接してあげる事によりポイントアップします。

男子は、女子をリードするというイメージがありますが、実際は甘えたがりの男子も多いのです。

その辺の事を良く認識して、包容力のあるイメージを利用して、男子に接してみましょう。

ポッチャリさんの笑顔は優しさに溢れている

ポッチャリさんは、顔が丸くて優しい感じがします。

そのため、いつもしかめっ面ばかりしていたらもったい有りません。

いつも笑顔でいる事を意識して、優しいというイメージを助長するように心掛けて下さい。

自分の良いイメージをさらに伸ばしていく事が大切です。

キツめのメークは避けて下さい

笑顔でいるという事とも少しかぶる内容ですが、キツめのメークはやめて下さい。

せっかく丸顔で可愛いイメージをもっているのに、キツめのメークをしたら台無しです。

アイシャドウなども暗い色をガッチリ入れるようなメイクは合わないと思います。

明るい色のチークを入れて優しい感じに仕上げて下さい。

オシャレな服装をしてみよう

ポッチャリだから、可愛い服装は合わないなどと思わず、女性らしい服装を心掛けてみましょう。

ジーパンにTシャツなどという服装ではなく、ワンピースなどの女性らしい服装を心掛けて下さい。

足が太いから気になるという方は、黒のタイツを履いてみて下さい。

黒のタイツは、足が細く見えます。

また、それでもという方は膝丈くらいのスカートでハイヒールを履いてみて下さい。

ハイヒールは、足が長く見えるだけではなく、細くも見えますし、引き締め効果も有ります。

このように工夫をすれば、ポッチャリさんでも可愛らしくコーディネートができるのです。

見た目が綺麗に可愛くなれば心も綺麗に可愛くなってきます。

まとめ

ポッチャリさんでもポイントを押さえてオシャレをする事で簡単にイメージチェンジが出来ます。

諦めるのは、まだ早いですし、好きなものを食べながらでも女子力アップは可能です。

ぜひ、試してみて下さい。

派遣会社フルキャストの評価について詳しく書いてみた。

フルキャストの良い所は、会員登録してからメールなどを配信し、色々な仕事を紹介してくれる。特に、登録者の地域に合わせた仕事を紹介してくれて、気になる仕事があれば、電話などで気軽に内容を教えてくれます。電話は比較的仕事がメールで紹介されてすぐに問い合わせれば、繋がりやすいです。また、フルキャストの方の電話対応も良く、わからないところや、不安で聞いておきたい所なども、親切に教えてくれました。

仕事に応募したい時は、メールを送り、採用されればすぐに働けます。また、即給が使える所もあり、お金がピンチの時でも大丈夫です。
逆に、悪い所はメールを送っても採用されない場合は連絡がきませんでした。

なので、前日の夜から当日の朝までに自分から連絡して担当の方に聞いてみないと不採用だった事もわかりません。採用されれば、会社から電話がきます。なので、もう少し早く採用についてわかる事が出来れば良いかなと思います。

研修などは特になく、どんな人でもすぐに現場で働けるような簡単な仕事が多かったです。

現在利用中の派遣会社アデコの営業さんについて

派遣会社のアデコを利用しているかかたに実際の評価を聞いてみました。私も過去働いたことが有るので、似たような感想を持っています。

営業担当さんはしっかり対応してくれる人でした

現在、アデコにて就業しています。登録したのは、なんと20年も前で、一度も利用したことがありませんでした。

前職の更新を期に、アデコさんにも登録があったことを思い出し、ネット上でデータ更新をしておきました。
すると、契約満了間近に電話連絡を頂き、私が希望している条件のお仕事をすぐにご紹介いただきました。
面談日も早々と決まり、就業開始も前職から切れ目なく開始することが出来ました。

私は、派遣社員の経験も多いため、アデコさんの営業担当さんやコーディネーターさんにもあまり期待せず、「こんなもんだろう」と思っていました。

が、現在の営業さんは、支店長さんでもある為か、スタッフとの距離感を心得ているというか、「付かず離れず」といった感じでしょうか。
現在のお仕事に関する話もきちんと聞いて下さっているし、私の方向性を考え、今のお仕事よりも私に合うという情報があれば、進んで紹介してくれる姿勢を感じます。

また、派遣スタッフ向けのイベントなども盛んで、スタッフの満足度を図ろうと企業的に努力されているように感じられます。
福利厚生に関しても、普通に派遣健保に加入していることから、大手他社と比較しても問題ない状態です。

営業さんは、相性の問題でもあるとは思うのですが、今までで一番安心と信頼が出来る営業さんなので、今後もアデコさんでお願いするつもりです。

気になる異性を惹きつけるために内面と外見の自分磨きに徹する

結婚相談所を利用したことがあります。私に応対してくださった方は60代はじめぐらいの落ち着いた方でした。なんとバツイチだと言うのです。

私はビックリして、ブライダル相談室てものは結婚が幸せでよかったから人にも幸せにたなるお手伝いをしたいという人が勤めているものと思っていました。

それで、結婚に失敗したバツイチ。なんのアドバイスできるの?と思ったのですが、よく聞いて見ると、彼女は一度ダメ男に引っ掛かり結婚に失敗して離婚、その後今度は間違えずにステキな男性を見極め、再婚して今はとても幸せに暮らしている、とのことでした。結婚にまつわる不幸と幸せの両方を経験した彼女のアドバイスは、とても重みがありました。

1,外見に気を使う

当たり前のことではありますが、やはりだらしない服装や身なりは、人に間違った印象を与えかねないと教えていただきました。人はまず外見でその人を判断します。洋服の選び方、着こなし方で、その人がどんな人間かある程度判断します。もし、スゴク気が合ったであろう男性が近付いてきたにもかかわらず服装で拒否されて中身まで知り合えなかったとしたら、それはとても残念なことです。

2,会話の技術を磨く

会話上手になるよう教えられました。会話上手は聞き上手、といいますが、相手に質問を幾つか投げかけて、話してもらうようにしました。合コンや社内で、初対面の男性に会いますが、そのような時に会話が弾むよう、質問を前もって考えておくように、ということでした。これはいい方法です。会話がプツッと切れてしまったら、それ以上進展はありませんから。

3,自分の性格を吟味する

人格面で欠陥があると、やはり男性は遠のいてしまいます。良い面ももちろんもっているのに、そこまで知り合うことなく終わってしまうかもしれません。

ただ自分の性格は自分では分析しにくいので、親しい友人や家族に率直に聞いて見ると良い、ということでした。自分の欠点や短所と向き合うのは痛みの伴うことですが、そうして良かったと思います。

自己中なところやワガママなところがあるのに気付き、改善することができました。もっと魅力的な人になれるのであれば人格陶冶は取り組む価値があります。

まとめ

外見を整えること、そして更に重要な、内面を磨くことの大切さを教えていただきました。外見にはもちろん清潔さを保つことも含まれます。不潔な女性に男性はげんなりですから。

言葉遣いもちろん含まれます。キレイな、丁寧な言葉で話すこと、ユックリ話すことです。出会いという面で、なかなか出会う機会がない場合には、自分の日程やスケジュールを少し替えてみるように、ということでした。

別の課に進んで異動してみたり、生活に変化をもたらしてみるのも、新しい出会いを見つける方法の1つですね。新しく習い事をしてみたり、ジムなど通ってみたり、職場以外で出会う場所を求めてみる方法もあります。

子供が欲しいと思っている男性は、結婚相談所で年下女性をゲットしましょう。

第二次ベビーブームで産まれた方々が、現在40代となり、今後、さらなる出生率の低下が懸念されている日本でありますが、やはり子供が欲しいと考えている人は多いようです。

婚期を逃したと思っている30代後半から40代男性も多いようですが、まだまだ諦める必要はありません。

その30代後半から40代にかけてこそ、若い男子には無い魅力もあるのです。そんな魅力を自分自身で把握して、この魅力を生かして婚活をしていけば、きっと可愛い奥様が出来るでしょう。

若い男子には無い魅力

30代後半から40代にかけての男性は、若い男子には無い魅力があります。

それは、包容力と経済力です。社会人になってから、十数年間、様々な経験をされて、社会で生きぬく力を身につけた男性だからこそ女性を守り抜く包容力があるのです。

この包容力は、単に優しいだけとは違います。時には相手に厳しいアドバイスを与えて、時には一緒に喜びを分かち合う事をコントロール出来る男性こそが女性が望む包容力ではないでしょうか。

女性は、本能的に生涯、安心で平穏に過ごす事が出来る男を選びます。現代社会において、男性としての力が成熟してくるのは30代後半から40代だと思います。

この頃に、仕事をしていても周囲の人から「ちょうど脂の乗っている時期だから頑張ってよ」などと期待されたりするのではないでしょうか。

また、女性の心を射止めるには経済力も重要な要素です。

金が全てでは有りませんが、結婚してから、お二人がお墓に入るまで本当に多額のお金がかかります。結婚式、出産、自宅の購入、子供の教育資金、老後の資金などまとまったお金が必要なシーンは多々あるのです。

女性は、本能的にこれらのシーンを乗り越える事が出来る経済力のある男性に惹かれる傾向があります。自分達が安心して暮らせる経済力もある意味で包容力と言えるかもしれません。

子供が欲しいならば年下女性を狙い撃ち

子供が欲しいと思っているのならば、年下女性を狙い撃ちにするのが良いと思います。20代後半くらいから女性の多くは、結婚や出産の事を真剣に考え始めて、包容力と生活力のたる男性を探し始めます。

しかし同年代の男性にこれらの力は無く、結婚相談所に登録をする女性も数多く存在するのです。子育てにはパワーが必要です。

若いお母さんのパワーと30代後半から40代の男性の包容力と生活力はベストコンビだと思います。このコンビの魅力は、きっと女性側も感じていると思います。

また、女性には子供を産む適齢期があります。

20代後半くらいであれば、子供を産む適齢期の真っ最中ですので、リスクが少なく出産をする事が出来るのです。

まとめ

このような事から、結婚を諦めていた30代後半から40代の男性にも、まだまだチャンスがあるのです。幸せな結婚生活を手に入れて、より仕事もバリバリこなして欲しいものです。

若い男子と同じ土俵で勝負をしてはいけません。年代ごとに違った魅力というものがありますので、それを十分に研究する事が素敵な恋愛の第一歩です。

かといって、極端にオジサン臭いファッションはダメです。清潔感のある大人っぽい服装で、ご自分の魅力を最大限に発揮されて素敵なパートナーを見つけて下さい。

結婚相談所を利用するための大切なポイントとは

私は結婚相談所を通じて結婚しました。その際、結婚相談所の担当の方にはとてもお世話になり、入会手続きから始まり、お相手のリクエストやリクエストをする時のポイントなどいろいろなアドバイスをいただいていいご縁をもらいました。
結婚相談所を利用する際のポイントをあげてみます。

良縁への第一歩、プロフィール作成

結婚相談所へ登録する際の第一歩としてとても大切なのがプロフィールの作成です。このプロフィールを見て、会員さんはお相手選びをするのです。このプロフィールをおろそかにしてしまうと最初の一歩で良縁が遠のいてしまう、と行っても過言ではありません。

プロフィール作成で大切なポイントその1

まずは写真です。プロフィールで一番最初の目をやるのはやっぱり写真。写真がプロフィールの第一印象となるのです。当たり前のことですが、ここが一番大切なポイントです。

ラフな格好の写真や、着飾り過ぎの写真など極端なものはあまりいい印象は与えません。女性の場合とりあえず、ちょっとおしゃれをしてデートに行く時のお気に入りの洋服、をイメージしたものがお薦め。男性はやっぱりスーツ姿が一番無難です。その際、スーツとネクタイのコンビネーションを意識しましょう。全く合ってない組み合わせにならない意識が大切です。

そして、写真の撮影は素人さんが撮ったものではなく、しっかりと写真屋さんに行って撮影しましょう。今、街中にはちょっとおしゃれな感じの写真屋さんもけっこうありますよね。できればそういう感じのお店で撮ってもらうのがお薦めです。いろいろ撮影の際にアドバイスをいただけるし、今の自分のベストな一枚を撮影してくれます。

プロフィール作成で大切なポイントその2

あなた自身もそうですし、お相手ももちろんですが、お見合いをする前の情報といえばこのプロフィール以外にない、ということです。プロフィールには個人情報の観点から名前はもちろんありませんが、身長、体重、趣味、出身地、住まい(市町村程度まで)、男性ならば年収、お相手はどんな人がいいのか、自身のメッセージなどが明記されます。

これがややもすれば平凡でありきたりなものになってしまうとなかなかリクエストも得られなくなってしまいます。

そこで大切なのが自己PRの欄を有効に活用することです。自分で一番アピールしたいことや希望することを言葉数の制限いっぱいを使って記す、これが大切になります。そしてできるだけオリジナルとなるような内容を意識しましょう。
私の場合、「私の思う夫婦とは共同作業。家事なども含めて役割分担が大切だと思っています云々」なんて文言を書いてみた記憶があります。

まとめ

プロフィール一つとっても簡単に書いてしまうことだってできますが、それなりのお金を払って出会いの場を得るために活動をするのですから、やっぱりできることはきっちり決め、いざ出陣!です。
プロフィールを作成するため、ある程度のコアな部分を記さなければならないこともあるかもしれません。でも個性を出す事は、自分の営業になります。結婚相談の活動は自分自身を営業すること、なんだと私は思います。
いいご縁を得るためにはやっぱり自身の一つ一つの行いの積み重ねが決めてになると思います。